前の記事>>

【薪棚】の【材料】 【蒜山】からゲットしてきます。 【軽トラック】に一杯積んでせっせと。

スギ 【杉・椙】 Japanese cedar

スギ科スギ属の常緑針葉樹
学名: Cryptomeria japonica


日本特産の代表的な樹種で、本州北部から南は屋久島まで生育する。人工植栽は北海道南部にまで及び、その量は第一位である。
 特に、秋田杉、天竜杉、吉野杉、日田杉、飫肥杉(おびすぎ)、屋久杉などが有名。


辺心材の境界は明瞭で、辺材は白色、心材は淡紅色から赤褐色、時に黒褐色を帯びる。木目は鮮明で通直。


材はやや軽軟で、比較的狂いは少なく、切削などの加工は容易。耐水性にやや劣る。木目に沿って縦に割れやすい。
気乾比重 : 0.38


建築用材として最も多く用いられる。その他、建具材、包装用材、電柱など用途は多い。また、割裂性を利用して樽桶材や割箸としても利用される。




特有の匂いを有す。古名マキ。
学名のクリプトメリア ジャポニカは「隠れた日本の財産」と言う意味がある。
古木には、右写真の様な鶉杢(うずらもく)や笹杢 (ささもく) などが現われ、指物や和家具などの材料として珍重される。
また、太古の昔より水土中に埋もれ、火山灰などで青黒褐色に変色した珍奇な杉材を神代杉(じんだいすぎ)と言い、工芸品の製作や高級 日本建築の装飾などに用いられる。
屋久杉は、鹿児島県屋久島に自生する天然杉で樹齢千年を超えたもが屋久杉と呼ばれます。 現在、伐採は禁止されていますが、土の中に永年埋もれたものを営林署が掘り出し、特別指定をを受けた業者が商品化しています。

杉は割裂性がよく、薪割りのように割ることによって、角材から板材までを作ることができます。この性質から現代のような製材用の大型の機械がなくても製材が容易だった為、古来より重要な木材として重宝されてきました。

また、スギは木材の中でもやわらかい部類に属する事から、ノコギリなどの手道具や電動工具、機械での加工は容易で、あまり木工の経験のない人でもすぐに加工できるという事も大きな特徴のひとつです。

杉は同じ針葉樹に属するヒノキやヒバなどと同じく、特有の芳香がある為、建築材などに使用して香りを楽しむだけでなく、日本酒をスギで作った樽に貯蔵することによって香りづけを行う事もあります。
用途
スギは主に建築の構造材、建具などに使用されます。その他には樽・桶・工芸品・割箸などの小物なども制作されています。
基本的にはやわらかい樹種なので硬さが必要な用途には向きませんが希に家具製作の現場などでも使用される事もあるようです。




| プライベート::薪ストーブ | 04:20 AM | comments (x) | trackback (x) |

【点火】 【薪ストーブ】 【バーナー】でちゃっちゃっと。あっという間に【炎】が広がります。




薪ストーブに焼べた薪を着火するのは日々のストーブライフにおいてとても重要な作業のうちの一つです。薪ストーブ専用の着火剤なども販売されていますが、市販の着火剤は簡単に着火することはできますがお金がかかってしまうので、ここでは着火剤を使用しない安価で上手な着火方法を紹介します。

着火について1:上手な着火法
薪ストーブに焼べた薪を上手に着火させるには、給気調整口を全開にした上で、燃料になる薪を下から大、中、小の順に積み上げて、一番上には十分に乾燥させた割り箸や焚き付け用に小割した薪などを置いて下さい。

一番上の細い薪を多めに焼べて、マッチやライター、ガスバーナーなどで着火させます。薪が完全に着火したらドアを閉めますが、しばらくは完全に閉じないで、1cm程度のわずかな隙間を開けておきましょう。目安として、ストーブ本体の温度が上昇して炉内の耐火レンガやガラス表面に付着していた煤が消えたら完全にドアを閉めて下さい。以上が、上手な着火法です。

着火について2:着火のコツ
薪ストーブを着火させる時には、いくつかのコツがあるので覚えておくといいでしょう。

はじめて薪ストーブを利用する人は暖房に最低限必要な量の薪を炉内に入れたがらない人が中にはいるようですが、薪はけちらないで最初の一投目は小、中の大きさの薪を多めにして、2投目からは中、大きめの薪を入れてあげることがコツです。

この時に薪同士を密着させ過ぎないのがポイントで、ある程度の隙間を開けてあげることで火の通りが良くなり着火しやすくなります。火の通り道をつくってあげれば、全体に火が早く回るようになります。

着火について3:慣らし焚きとは
新品の薪ストーブにはじめて火を入れる時には、車と同様に必ず慣らし焚きをしなければいけません。特に鋳物の薪ストーブは急激な温度変化を受けると破損してしまうこともあるので、慣らし焚きを行なうことによって、塗装を馴染ませるだけでなく、鋳物を熱に慣れさせ、徐々に伸縮できる機会を与えるためのもので、この慣らし焚きが後々の耐久性を大きく引き伸ばします。

慣らし焚きは最初の3~4回目の使用の際に行い、通常よりも控えめな量の薪を入れればよく、ストーブの表面温度を概ね150~200℃を超えないように給気調整口をこまめに調節して行いましょう。慣らし焚きが終わればあとは通常通りの薪の量を投入して燃やして下さい。

着火について:まとめ
このように、薪ストーブにお金をかけずに上手く火を着けるにはいろいろな手順とコツがあります。慣れるまでには時間がかかるかもしれませんが、やり方を一度マスターすれば着火剤がなくても簡単に着火できるようになります。薪ストーブの燃料にかかるコストの軽減につながるので、ぜひともうまくなりたいところですよね。





| プライベート::薪ストーブ | 04:49 PM | comments (x) | trackback (x) |

【信州ビール】 【チムニィ】さんから【お土産】でいただきました。



南信州ビールは1996年長野県第1号のクラフトビールメーカーとして誕生しました。 中央アルプスと南アルプス、二つの日本の屋根に抱かれた標高800mに位置する醸造所は、ビール造りに恵まれた環境です。この地は中央アルプス駒ヶ岳の雪解け水からなる清冽な地下水が、何年もの年月を掛けて天然のミネラル分を適度に溶かし込み、古くから名水として人々の喉を潤すとともに、日本酒やウイスキー、薬用酒などのお酒の仕込み水としても利用されてきました。花崗岩質の地層が、濾過に適した柔らかな口あたりをビールにもたらします。

ビールは原料や製法、アルコール度数や香り、苦みや色味などの違いにより、100以上ものスタイルに分類されています。南信州ビールはその様々な要素を最適なバランスに仕上げ、ポピュラーなビールスタイルに囚われないオンリーワンの商品設計を心がけています。造り手は自然環境と向き合いながら、心から「おいしい!」と言って頂ける、飲んで笑顔になる商品造りを心掛け、真摯に製造に取り組んでいます。




| プライベート::薪ストーブ | 04:45 AM | comments (x) | trackback (x) |

【薪割り】 【グレンフォッシュ】という【斧】です。これがまたよく割れるのですよね。パワー最高です。






現代における、斧の刃の製造
石器時代から世界中に遍在する、歴史のある道具である。→#歴史

斧の基本的な用途は、樹木の伐採、また木材の成型、薪づくり等々である。道具としての斧の一般的な用途は、生きている樹木を伐り倒し丸太を作ったり、枝を切り払ったり、丸太を割ったり、材木を成形すること、薪をつくること 等々なものである。斧はまた武器としても使用されてきた歴史がある。武器として発達した斧は戦斧と呼ばれる。

さまざまなタイプと材質
斧は使用方法ごとに様々なタイプがある。現代の斧は使用目的、サイズおよび様式ごとに特化している。

斧は石器時代より、石斧(せきふ)として存在し、樹木をたたき切る道具や武器として用いられた。石斧はその製法により打製石斧と磨製石斧に分けられる。技術の発達に連れ、銅、青銅、鉄および鋼で作られた斧が現われた。

片手で使うための短い柄を持つ斧はしばしば手斧(ハンドアックス、ハチェット『Hatchet』)と呼ばれる。特に樹木伐採や木材加工用の、片手で使える小型のものをそう呼ぶのである。(ただし「手斧」という語は、柄のない斧、を指すためにも用いられているので若干注意が必要である。)ハチェットはしばしば刃の背にハンマーを備えていることが多い。また現代では、柄に収納式のガードが取り付けてあり、刃を保護し安全に持ち歩けるようにしたものもある[1]。

中世、近代では通常は木製の柄とそれに直角に固定された金属製の刃からなる。材質に着目すると、西洋の斧は、伝統的には全鋼の刃に、曲線的な木製の柄(典型的ヒッコリー、もしくはホワイト・アッシュ、アオダモ製が)から構成されている。大抵の斧の刃は刃欠けが起こらないように柔らかめに焼き入れを施してあり、鑢で研ぐことも可能である。柄は近年ではプラスチック製やグラスファイバー製の柄も珍しくない。

なお日本語では伝統的に、大きい斧や、特に刃渡りの広い斧(丸太の側面を削って角材を作るためのもの)を鉞(まさかり)と呼びわける。和語では薪などを細く割る小型の斧を「マキ割り」「よき」とも呼んだ。 近年の日本の斧では、刃が主に全鋼製で両手で扱う薪割り斧と、割込で片手で扱う伐採斧があり、柄は主にカシ製の直線柄である。日本では斧頭に柄を固定する場合柄に楔を割りこませるのではなく櫃と柄の隙間に楔を打つ固定法が伝統的な固定方法であり、その場合の楔を柄子と呼ぶ。柄子を使用した固定方法では斧頭の衝撃を分散させ柄の寿命を伸ばすことが可能である。



| プライベート::薪ストーブ | 04:43 AM | comments (x) | trackback (x) |

【煙突掃除】 【一年に一度】 丁寧に【煤】を取り除きます。




娘が手伝ってくれる間になんとか掃除しなくちゃと思っていました。天候も安定してさっと出来てしまったことが一番うれしい。

さぁ 秋の長雨は薪ストーブでふっとばそうかな。

薪ストーブの煙突掃除、本体のメンテナンスは、薪ストーブを使い続けていく上で必ず行わなければならない大切な作業です。
メンテナンスする事によって、
効率よく安定した燃焼を引き出す
全体の点検する事によって様々な破損、トラブルを未然に防ぐ
ことが可能になります。

最も重要なのは煙突内の煤を除去すること
煙突内に煤やタールが付いていると、煙突内の断面積が減少し、良好なドラフト(煙突内の上昇気流)が得られなくなります。さらに、煙突内に付いた煤はストーブから上がってくる熱せられた空気から着火しやすく、煙導火災(※煙突内の煤に引火し、煙突内が燃えること。建材に延焼することもあり大変危険)の原因となります。3mm厚の煤が付いただけで煙導火災がおきる可能性があると言われています。

煤の付き具合は前年少なかったからといって今年も同じとは限りません。薪の乾燥度、焚き方、焚く時間、同じ様に使っているつもりでも実は違うのです。煙突の内部は見えないのでブラシを通してみないとわかりません。1シーズン焚いたら必ずブラシを通し、確認することが大切です。

| プライベート::薪ストーブ | 01:29 PM | comments (x) | trackback (x) |

パープルタウン 3階 掲示板を使わせていただいてます。



薪ストーブの施工実施例 各種イベント紹介など ジムの前の廊下を利用して掲示物を展示しています。少しづつですが入れ替えて紹介しています。じわじわと世の中に薪ストーブが広がっていけばいいなと思っています。一気に普及すると薪の生産が追いつきませんし 煙道火災など トラブルが発生すると薪ストーブのイメージが崩れてしまいます。

焦ることはありません。エコライフをのんびりのんびり繰り返しながら その賛同者が増えていけばいいなくらいです。




| プライベート::薪ストーブ | 08:05 AM | comments (x) | trackback (x) |

【ダイアナ】【薪棚】 【満タン】 【冬の準備】が着々進みます。



ネットを検索すると みんなが薪棚つくりに苦労しておられるなぁと・・・

薪をたくさん作れば安心ですよね。
ひと冬分の乾いた薪を薪小屋に積んであれば何より安心ですよね。
自分で作った薪を積めば自慢です。
私は薪を途中で切れないようにたくさん作っています。
薪ストーブを3台焚いていますので8t作ります。
薪を割ってから薪小屋に入れて乾燥させての繰り返しです。

家の外からストーブに運ぶ時、近い置き場がいい。
家のそれぞれの入口のそばに薪を置きたい。
3台の薪ストーブはバーモントキャスティグスのデファイアントとアンコールと
デマニンコアのドミナです。

それぞれに使える薪の長さが違う。
場所に合わせられる薪置きとしてファイヤーサイド2X4ログラックを考えました。
薪置きがどこでもできました。



| プライベート::薪ストーブ | 06:38 AM | comments (x) | trackback (x) |

いただいた【雑木】を【処理】しています。2人で【玉切り】が進みます。



玉切りのコツはチェーンソーのメンテナンスにかかっています。どれだけの切れ味をキープできるかが重要です。細かなテクニックはたくさん失敗することによって学ぶことができます。しかし命に係わる失敗もあるので 事前に研修を受けたり 先輩たちの声に謙虚に耳を傾けることは必須です。

さて Kさんとのこの作業 かれこれ8年になります。チェーンソーに使い慣れた ハスクバーナとスチール ともに欧州のメーカーですが 木材王国からのマシーンなので そのスペックには本当に感謝しています。

先週末の作業でほぼ今回の雑木は処理できました。薪割りは時間をかけてゆっくりできるので 焦ることなく 少しずつ 少しずつということです。


| プライベート::薪ストーブ | 05:28 AM | comments (x) | trackback (x) |

【絶好調】【スチール】 【薪つくり】には欠かせません 【今回】10年ぶりに【更新】してみると・・・。



10年ほど前に使い始めたスチールのチェーンソーでしたが これが大いに役立ちました。すいすい玉切りが出来て薪基地をしっかり支えてくれました。しかしシーズンを通しての大活躍も部品の劣化には対抗しようがなく とうとう買い替えということになりました。技術革新は目覚ましいもので 軽量化 静寂性(といっても 100dbを超える騒音ですけど) 燃費効率の向上 メンテナンスの容易化 などなど 本当にびっくりするくらい使い勝手がいいようです。

10万円を超える出費でしたが これでまた10年は安定的に薪つくりができると思うと安心この上ないです。




| プライベート::薪ストーブ | 06:52 AM | comments (x) | trackback (x) |

【タープ】を使って 【日陰】を作って【作業】 【薪だな】とポンキーの【ルーフ】に繋いで【設置】



本来の使い方は広げてですが、薪棚の横に設置して使うので半分に折りたたんで日陰を作ります。これで直射日光を遮ることさえできればいいので 十分です。そして薪だなと車を使っての設置なので移動が便利なことと少々の風なら大丈夫というのも気に入っています。




| プライベート::薪ストーブ | 05:54 AM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑

CALENDAR


Information1


Information2


Information3

PROFILE
〒682-0811
鳥取県倉吉市上灘町161
悟空ワールド
090-1335-9919
お問い合わせはこちら
gokuu(3652)
浦川澪奈(2)

Twitter



LOGIN

現在のモード: ゲストモード

USER ID:
PASSWORD:

NEW ENTRIES

RECENT COMMENTS


保留中コメント:18件

RECENT TRACKBACK


保留中トラックバック:0件

CATEGORIES

ARCHIVES

LINK

OTHER

  • admin
  • RSS 1.0
  • 処理時間 2.367431秒
  • HPアクセス情報
    合計: 2003446
    今日: 392
    昨日: 2263