前の記事>>

【草刈り】太郎 【年間】に2回ほど【上灘公園】の草刈りをします。



毎年のことですが せっせと草刈りしています。
本来の作業時間は日曜日の8:00~10:00ですけど そんな時間に作業することはできません。
ほかの仕事もあるので 自分の予定に合わせて 出来るときに出来ることを それがボランティア活動の一義ですからね。

ざっと300坪程度草刈りをして 今回は終わりです。
お疲れさまでした。



| プライベート::ガーデン | 06:37 AM | comments (x) | trackback (x) |

【栗】の【渋皮煮】 【秋の宝石】を楽しみました。



栗は熱湯につけ、そのまま冷ます。栗の底の方から包丁を入れて渋皮を傷つけないように皮をむく。重曹大さじ1を溶かした水に、栗を漬けて1晩おき、アクを抜く。

(1)を煮立て、湯を捨てる。水の中で栗をくずさないよう、かき混ぜながら洗う。

重曹大さじ1/2を溶かした水に栗を2時間漬け、そのまま静かに10分ほどゆでる。

湯を捨てて、水洗いし、たっぷりの水で静かに10分ほどゆでる。これを6~8回繰り返す。

栗がかぶるくらいの水に砂糖を入れ、落とし蓋をし、水を足しながら弱火で30分煮る。火を止め、そのまま一晩おき、味を含ませる。

もう一度、弱火で30分煮て、しょうゆを加え、火を止め、自然に冷ます。

なんにも難しいことはない。じっくり吹きこぼせばいいのだから。

何回煮ても 灰汁の混じった茶色い汁が出てくる。栗ってしぶといわぁ。


| プライベート::マイ工房 | 05:28 AM | comments (x) | trackback (x) |

【がっつり】 【500g】 今回の肉は【オーストラリアビーフ】ですけどね。



和牛選びの新基準!「鳥取和牛オレイン55」

鳥取和牛オレイン55 江戸時代から和牛の産地として良牛が受け継がれてきた鳥取。
 鳥取系と呼ばれる血統は、オリーブオイルの主成分でもある「オレイン酸」が多いことが知られています。
 オレイン酸は牛肉の口溶けの良さに関係していると言われており、鳥取和牛の中からオレイン酸を55%以上含む牛肉を「鳥取和牛オレイン55」としてブランド化しています。やわらかくて、口溶けがよく、肉汁がじゅわっと広がる鳥取和牛肉をぜひ一度ご賞味ください。

 脂肪の「質」にこだわった新ブランド

 「オレイン酸」はオリーブオイルの主成分でもあり、豊富に含むほど「口溶け」や「風味」が良くなるとされています。
 「鳥取和牛オレイン55」は、脂肪のまろやかさと質にこだわり、「脂肪中にオレイン酸を55%以上含有していること」を認定基準にいれた新ブランドです。
 
 神と呼ばれた「気高」号の血統

 「鳥取和牛オレイン55」のもう1つの基準は、1966年に行われた「第1回全国和牛能力共進会」肉牛の部で1等賞に輝いた名牛「気高(けたか)」号の血統を引き継ぐこと。
 気高号の子孫が日本各地のブランド和牛のルーツの一つとなっており、血統を強く引き継ぐほど、オレイン酸含有量が高くなる傾向にあることがわかっています。

 とっても希少!
 鳥取和牛の出荷頭数は全国の0.7%。「鳥取和牛オレイン55」は脂肪の「質」にこだわり、年間約2,100頭出荷される鳥取和牛のうちの20%程度が選抜されるため、年間販売頭数は400頭程度と見込まれます。


和牛肉の風味を生かす「オレイン酸」
 牛肉のおいしさには、一般的に「やわらかさ」、「口溶けの良さ」、「多汁性」、「風味」や「外観」など様々な要因が関与しています。
 これらの牛肉のおいしさを構成する要素の一つとして牛肉脂肪中に含まれる不飽和脂肪酸の一つである「オレイン酸」が関係することが知られています。
 「オレイン酸」の命名はオリーブ油から分離されたことに由来しており、オリーブ油の脂肪酸の約75%はオレイン酸が占めています。
 オレイン酸の融点は16度と低く、オレイン酸含量の高い脂肪は、低い温度で融けるいわゆる融点の低い脂肪となり、調理した場合には好ましい芳香を呈し、牛肉の口溶けや風味が良いとされています。
  
和牛の源流は鳥取にあり
 大山のふもとにある「大山博労座」では、江戸時代から日本三大牛馬市の一つである「大山牛馬市」が開設され、牛馬でにぎわいました。
 その始まりは、平安時代にさかのぼり、西日本屈指の秀峰大山の山腹にある大山寺への参拝者が牛馬を連れてお参りするようになり、参拝者の間で牛馬の自慢話が行われ、比べて交換するようになったとされています。
 また、鳥取県は大正時代に日本初となる和牛の登録事業(牛の戸籍管理)に取組み、日本の和牛改良の基礎を築きました。
伝説の名牛「気高(けたか)」号
 1966年に岡山県で開催された第1回全国和牛能力共進会(5年に一度開催される和牛日本一を競う審査大会)肉牛区(産肉能力検定)で一等賞の栄冠に輝いたのが鳥取県の種雄牛「気高(けたか)」号です。
 発育・資質ともに良好、かつ産肉能力に優れた名牛は生涯9千頭以上の子孫を残し、その子孫が全国各地に広がり、現在の有名ブランドの始祖として和牛界の歴史に不朽の名を残しています。
 鳥取県畜産試験場の研究の結果、気高号の血統を強く引き継ぐほど、オレイン酸含有量が高くなる傾向にあることがわかっています。
オレイン酸の測定について
 食肉脂質測定装置を使用し、一頭一頭測定します。
 測定部位は(社)日本食肉格付協会の牛枝肉取引規格に定める枝肉の第6~7肋骨間断面の筋間脂肪です。
 牛肉の脂肪中のオレイン酸含有量は同一個体であっても部位によって異なることが知られており、全ての部位のオレイン酸含有量55%を保証するものではありません。
販売店
 鳥取和牛、鳥取和牛オレイン55ともに、鳥取県牛肉販売協議会(外部リンク)が認定する各指定店で購入することができます。
 鳥取和牛オレイン55の取扱店は、鳥取県牛肉販売協議会ホームページ内の「鳥取和牛オレイン55認定牛肉の取扱店」(外部リンク)をご参照ください。
鳥取和牛オレイン55パネル
関連リンク
〇鳥取県牛肉販売協議会オレイン55ホームページ(外部リンク)
 ・「鳥取和牛オレイン55認定牛肉の取扱店」(外部リンク)
〇本サイト内の「鳥取和牛オレイン55特集ページ」もご覧下さい
お問合せ先
 「鳥取和牛オレイン55」に関するお問合せは、下記にお願いします。

〒689-3203 鳥取県西伯郡大山町小竹1291-1
 JA全農ミートフーズ株式会社内 鳥取県牛肉販売協議会
 TEL(0859)54-4799 FAX(0859)54-3468



| プライベート::マイ工房 | 05:03 AM | comments (x) | trackback (x) |

【信州ビール】 【チムニィ】さんから【お土産】でいただきました。



南信州ビールは1996年長野県第1号のクラフトビールメーカーとして誕生しました。 中央アルプスと南アルプス、二つの日本の屋根に抱かれた標高800mに位置する醸造所は、ビール造りに恵まれた環境です。この地は中央アルプス駒ヶ岳の雪解け水からなる清冽な地下水が、何年もの年月を掛けて天然のミネラル分を適度に溶かし込み、古くから名水として人々の喉を潤すとともに、日本酒やウイスキー、薬用酒などのお酒の仕込み水としても利用されてきました。花崗岩質の地層が、濾過に適した柔らかな口あたりをビールにもたらします。

ビールは原料や製法、アルコール度数や香り、苦みや色味などの違いにより、100以上ものスタイルに分類されています。南信州ビールはその様々な要素を最適なバランスに仕上げ、ポピュラーなビールスタイルに囚われないオンリーワンの商品設計を心がけています。造り手は自然環境と向き合いながら、心から「おいしい!」と言って頂ける、飲んで笑顔になる商品造りを心掛け、真摯に製造に取り組んでいます。




| プライベート::薪ストーブ | 04:45 AM | comments (x) | trackback (x) |

【薪割り】 【グレンフォッシュ】という【斧】です。これがまたよく割れるのですよね。パワー最高です。






現代における、斧の刃の製造
石器時代から世界中に遍在する、歴史のある道具である。→#歴史

斧の基本的な用途は、樹木の伐採、また木材の成型、薪づくり等々である。道具としての斧の一般的な用途は、生きている樹木を伐り倒し丸太を作ったり、枝を切り払ったり、丸太を割ったり、材木を成形すること、薪をつくること 等々なものである。斧はまた武器としても使用されてきた歴史がある。武器として発達した斧は戦斧と呼ばれる。

さまざまなタイプと材質
斧は使用方法ごとに様々なタイプがある。現代の斧は使用目的、サイズおよび様式ごとに特化している。

斧は石器時代より、石斧(せきふ)として存在し、樹木をたたき切る道具や武器として用いられた。石斧はその製法により打製石斧と磨製石斧に分けられる。技術の発達に連れ、銅、青銅、鉄および鋼で作られた斧が現われた。

片手で使うための短い柄を持つ斧はしばしば手斧(ハンドアックス、ハチェット『Hatchet』)と呼ばれる。特に樹木伐採や木材加工用の、片手で使える小型のものをそう呼ぶのである。(ただし「手斧」という語は、柄のない斧、を指すためにも用いられているので若干注意が必要である。)ハチェットはしばしば刃の背にハンマーを備えていることが多い。また現代では、柄に収納式のガードが取り付けてあり、刃を保護し安全に持ち歩けるようにしたものもある[1]。

中世、近代では通常は木製の柄とそれに直角に固定された金属製の刃からなる。材質に着目すると、西洋の斧は、伝統的には全鋼の刃に、曲線的な木製の柄(典型的ヒッコリー、もしくはホワイト・アッシュ、アオダモ製が)から構成されている。大抵の斧の刃は刃欠けが起こらないように柔らかめに焼き入れを施してあり、鑢で研ぐことも可能である。柄は近年ではプラスチック製やグラスファイバー製の柄も珍しくない。

なお日本語では伝統的に、大きい斧や、特に刃渡りの広い斧(丸太の側面を削って角材を作るためのもの)を鉞(まさかり)と呼びわける。和語では薪などを細く割る小型の斧を「マキ割り」「よき」とも呼んだ。 近年の日本の斧では、刃が主に全鋼製で両手で扱う薪割り斧と、割込で片手で扱う伐採斧があり、柄は主にカシ製の直線柄である。日本では斧頭に柄を固定する場合柄に楔を割りこませるのではなく櫃と柄の隙間に楔を打つ固定法が伝統的な固定方法であり、その場合の楔を柄子と呼ぶ。柄子を使用した固定方法では斧頭の衝撃を分散させ柄の寿命を伸ばすことが可能である。



| プライベート::薪ストーブ | 04:43 AM | comments (x) | trackback (x) |

【湖山池】の【南岸】を【ドライブ】 途中【青島】に立ち寄りました。




青島は、鳥取県鳥取市の湖山池南部に浮かぶ無人島である。 青島は湖山池に浮かぶ島々の中で最大である。陸地とは500mも離れておらず、その間は青島大橋で結ばれている。島の姿は前方後円墳あるいはひょうたんによく似ている。 かつての鳥取湾が湖山砂丘の発達と千代川の堆積により潟湖化したため、湖中島となった。

もうすぐ鳥取道が完成してこの道の需要も少なくなるかなぁと思いながらいつも帰りには利用しています。白兎のあたりが非常に混むので 回避するためにも貴重なルートです。

いつもありがとう。

| プライベート::バイク | 04:41 AM | comments (x) | trackback (x) |

【金木犀】 【素敵】な【秋の香り】を





キンモクセイ(金木犀、学名: Osmanthus fragrans var. aurantiacus)はモクセイ科モクセイ属の常緑小高木樹で、モクセイ(ギンモクセイ)の変種。

中国では、正しくは丹桂がこれに当たるが、一般には桂花の名で呼ばれることがある。しかし、桂花は木樨属におけるひとつの種名であり、金桂(ウスギモクセイ)、銀桂(ギンモクセイ)などを含む全ての亜種・変種・品種を総括するものである。

主に庭木として観賞用に植えられている。

花冠は白ワインに漬けたり(桂花陳酒)、茶に混ぜて桂花茶と呼ばれる花茶にしたり、蜜煮にして桂花醤と呼ばれる香味料に仕立てたりする。また、桂花蟹粉(芙蓉蟹の別名)、桂花鶏絲蛋、桂花豆腐、桂花火腿などのように、鶏卵の色をキンモクセイの花の色に見立てて名づけられた卵料理は多く、正月用の菓子である桂花年糕のようにキンモクセイの花の砂糖漬けを飾るなど実際にこの花が使われる料理もある[5]。

キンモクセイの花は甘めでしっかりした強い香りであることから、日本において汲み取り式便所が主流で悪臭を発するものが多かった時期には、その近くに植えられることもあった[6]。その要因から、香りがトイレの芳香剤として1970年代初頭から1990年代前半まで主流で利用されていたため、一部年齢層においてはトイレを連想させることがある[6]。

秋の季語である。

我が家の庭に一本 薪基地に一本 秋の香りを届けてくれます。


| プライベート::マイ工房 | 03:01 PM | comments (x) | trackback (x) |

蒜山のログハウス ふとしたことから知り合った仲間の一人です。



ときどき 蒜山に遊びに行くときによる場所です。

ログで作った素敵なおうちで もちろん薪ストーブもあります。




| プライベート::上灘ご近所倶楽部 | 05:06 AM | comments (x) | trackback (x) |

【煙突掃除】 【一年に一度】 丁寧に【煤】を取り除きます。




娘が手伝ってくれる間になんとか掃除しなくちゃと思っていました。天候も安定してさっと出来てしまったことが一番うれしい。

さぁ 秋の長雨は薪ストーブでふっとばそうかな。

薪ストーブの煙突掃除、本体のメンテナンスは、薪ストーブを使い続けていく上で必ず行わなければならない大切な作業です。
メンテナンスする事によって、
効率よく安定した燃焼を引き出す
全体の点検する事によって様々な破損、トラブルを未然に防ぐ
ことが可能になります。

最も重要なのは煙突内の煤を除去すること
煙突内に煤やタールが付いていると、煙突内の断面積が減少し、良好なドラフト(煙突内の上昇気流)が得られなくなります。さらに、煙突内に付いた煤はストーブから上がってくる熱せられた空気から着火しやすく、煙導火災(※煙突内の煤に引火し、煙突内が燃えること。建材に延焼することもあり大変危険)の原因となります。3mm厚の煤が付いただけで煙導火災がおきる可能性があると言われています。

煤の付き具合は前年少なかったからといって今年も同じとは限りません。薪の乾燥度、焚き方、焚く時間、同じ様に使っているつもりでも実は違うのです。煙突の内部は見えないのでブラシを通してみないとわかりません。1シーズン焚いたら必ずブラシを通し、確認することが大切です。

| プライベート::薪ストーブ | 01:29 PM | comments (x) | trackback (x) |

【熟成】 【黒にんにく】 【琴浦産】のにんにくを使って



しっかり熟成させて皆さんに提供しています。
ときど 大口の注文が入って 品不足の時もありますが 安定的にダイアナで販売していますので どうぞご利用ください。

まず、「黒にんにく」とはなにかを知らない人のためにご説明しますと、黒にんにくとは、ふつうのにんにくを長期間熟成発酵させたもので、各種の栄養素が熟成発酵の過程で大幅に増加している、素晴らしい健康食品です。色々な健康効果を期待できますが、詳しく知りたい方は以下の記事を参照してみてください。



黒にんにくの効果・効能は何?普通の生にんにくとの違いは?驚くべきパワーの秘密を徹底公開! 

そして、まずこの黒にんにくにはある程度の鉄分が含まれています。鉄分豊富なレバーやほうれん草ほどではありませんが、十分に多いと行って量が含有されています。

そして、更に黒にんにくにはビタミンCが豊富に含まれています。実は、鉄分はビタミンCとあわせて摂ると、より吸収しやすくなるといわれています。

でもそれだけでは「じゃあもっといい野菜などがあるんじゃないの?」と思ってしまいますよね。ところがそうではないのがここであえて黒にんにく「サプリメント」とした理由でもあるのです。

にんにくの健康効果について紹介します。

◎殺菌・抗菌作用
にんにくのあの独特なニオイ。実はあのニオイには驚くべき健康効果があったのです!ニンニクにはアリシンという成分が含まれています。このアリシンがニオイの原因なんです。

アリシンには、殺菌と抗菌の作用があります。その威力はとても強く、食中毒を起こす原因となるチフス菌を死滅させるほどの効果があります。アリシンを身体に取り入れることで、身体の中の悪質な菌を倒してくれます。

◎ビタミンB1の吸収率を高める
にんにくは疲労回復に効くというイメージがあります。これは、ビタミンB1の吸収率が高いからなんです。

ビタミンB1には、糖質をエネルギーに変えて健康維持を助けてくれる役割があります。このビタミンB1は普通に食事をしているだけでは吸収されにくいです。そこでにんにくが活躍します。にんにくを食べることでビタミンB1が吸収されやすくなります。

◎血栓を作りにくくする
血栓は、血小板が集まって固まることでできます。血栓ができると動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などの病気を引き起こす恐れがあります。

にんにくに含まれる、メチルアリルトリスルフィドという成分は血小板の固まりを抑えてくれます。

◎血行促進や冷え性改善
にんにくにはアイリンをという成分が含まれています。このアイリンにはさまざまな効果があります。その1つに悪玉コレステロールを低下させて、血液をサラサラにしてくれる効果が!他にも、毛細血管を広げて血流を改善してくれる効果もあり、手足の先の血管まで効きます。




| プライベート::マイ工房 | 04:56 PM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑

CALENDAR


Information1


Information2


Information3

PROFILE
〒682-0811
鳥取県倉吉市上灘町161
悟空ワールド
090-1335-9919
お問い合わせはこちら
gokuu(3603)
浦川澪奈(2)

Twitter



LOGIN

現在のモード: ゲストモード

USER ID:
PASSWORD:

NEW ENTRIES

RECENT COMMENTS


保留中コメント:18件

RECENT TRACKBACK


保留中トラックバック:0件

CATEGORIES

ARCHIVES

LINK

OTHER

  • admin
  • RSS 1.0
  • 処理時間 2.05189秒
  • HPアクセス情報
    合計: 1858896
    今日: 3148
    昨日: 3608