[:車:] [:車:] 東ドイツで有名な車 トラバント [:車:] [:車:]
名称の “Trabant” はドイツ語で「衛星」「仲間」「随伴者」などを意味する語。1957年に打ち上げに成功した、当時友好国であったソ連の史上初の人工衛星「スプートニク1号」を賞賛して命名された。
1958年から1991年までの長期にわたって生産されたが、大まかには1958年〜1964年のP50・P60と、1964年以降のP601に分けられる。長いモデルライフを通じ、大規模なモデルチェンジは行われなかった。
「ボール紙のボディの車」といわれることがあるが、実際は長いモデルライフを通じて、ボディの基本材料は綿の繊維を使った繊維強化プラスチック (FRP) である。東ドイツ末期に製造品質が下がってくると表面の質感がボール紙のように見えたことから、西側が仕上げ品質の低さを揶揄した表現である。ただし、末期はレーガン政権下のドル・ルーブルの為替レート操作による共産圏の財政悪化のため、製造コスト低減を図って実際にプラスチックに紙パルプを混ぜ込んでいた。それでも東ドイツでは大変な人気車であり、とりわけ1980年代以降は発注してから10年は待たされるのが普通であった[1]。
ベルリン市内を走るトラバント601(チェックポイント・チャーリーにて、1989年)1990年のベルリンの壁崩壊の直後からは、最新式のフォルクスワーゲン・ゴルフやオペル・アストラなどの西ドイツ製の車と、古色蒼然としたトラバントが、肩を並べて走るようになり、双方のドライバーとそれらを見比べた者に強烈なカルチャーショックを与えた。東側諸国の人々がトラバントに乗って国境検問所を続々と越える光景は、東欧における共産主義体制終焉の一つの象徴的シーンともなった。
生産中止後15年以上を経過し、走行性能・安全性・環境性能が数十年前の水準ということもあって、旧東ドイツ地域および周辺諸国においては、急激に淘汰されている。
ドイツ国内においても、排ガス規制が強化されたことで2008年1月からはベルリンなどの市街地では、特別に許可を得た車両以外は走行できなくなっている[2]。
 [:ビール:] ウィキペディアより頂きました。何気なく写真に撮っていましたが そんな車だったのですね。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました