春の花壇に 準備をしています。


 [:ひよこ:] [:ひよこ:] 花壇に埋めておきました [:ひよこ:] [:ひよこ:]
 今まであまり春の球根は植えたことがなかったのですが 切り花ようにちょっと植えておきました。後は夏のサルビアとメラポンジュームで赤と黄色を楽しむ予定です。薪が早めに片づいたので、余裕で花壇に手を入れることが出来ます。もう少しでチューリップも切り花に出来ます。
 [:チョキ:] アシダンセラ
エチオピア原産の球根植物で、以前はアヤメ科アシダンセラ属に分類されていましたが現在ではアシダンセラ属の植物は同じ科のグラジオラス属にすべて統合されています(しかし今でも旧名のアシダンセラと言う名前で呼ぶことが多いようです)。アシダンセラの仲間には約30~40種の仲間があり、その中でも栽培されてるものは「アシダンセラ・ビコロル(グラジオラス属に統合後の現在の名前は グラジオラス・カリアンツス)」 とその変種ミュリエリアエで、日本には1935年頃主に切り花用として入ってきました。
 開花時期は9月~10月で白~乳白色の5枚の花びらが付き、それぞれの花びらの付け根にはさながら目の様な茶褐色の斑が入ります。長く伸びた花茎に5~6個の花をややうつむき加減に咲かせ、芳香を放ちます。葉は薄くて剣の様な形をしており花のない時期の草姿は確かにグラジオラスと言えばグラジオラス(?)と感じます。栽培にはグラジオラスに準じる箇所も多いですが寒さに非常に弱いなど一般のグラジオラスとはやや性質が異なるところもあるので気をつけましょう。
 [:オッケー:] グラジオラス
草丈が70cm~1mになる大型の球根植物です。現在栽培されている園芸品種は1000種類を超えます。春に球根を植え付けると夏に花を咲かせるタイプのものがポピュラーですが秋に球根を植えると春に咲くものもあります。後者を特に「春咲き(早咲き)グラジオラス」と区別することが多いです。倒れやすいので葉が伸びてきたら支柱を立てるようにします。
 [:パンチ:] ダリア
メキシコ原産の球根性殖物です。一応、球根性の植物ではありますが、タネをまいて育てる品種にも人気があります。花径が25cmにもなる超巨大輪種から、10cmにも満たない極小輪種まで様々なものがあり、草丈も1mを超すものから50cm以下のわい性種まであります。花のかたちも「コラレット咲」「カクタス咲き」「ボール咲」「ポンポン咲」などバラエティーに富んだ花芸を見せてくれます。色調は、白、ピンク、オレンジ、黄色、紫などがあります
 [:!:] [:!:] どんな花をつけてくれるのでしょうか。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました