応援しています げげげの女房

[:こーすたー:] [:こーすたー:] あらすじ 5月24日~(第9週) [:こーすたー:] [:こーすたー:] 
『月』布美枝(松下奈緒)と茂(向井理)が結婚して1年、夫婦の暮らしは少し楽になりつつあった。ある日、茂は深沢(村上弘明)の出版社で少女漫画家を目指すはるこ(南明奈)と知り合う。
『火』突然の病に倒れた深沢は、長期療養を余儀なくされる。出版社は閉じられることになり、茂は再び仕事先を探す羽目に。
『水』茂はこれまで縁のなかった出版社の依頼を受ける。布美枝は手伝おうとするが仕事場に入れてもらえない。さらに訪ねてきたはるこに手伝いを頼む茂にあぜんとする。
『木』漫画を完成させた茂は、高熱で倒れてしまった。代理で出版社に原稿を届けた布美枝は、茂が本来の作風とはかけ離れた少女漫画風の作品を描いていたことを知る。
『金』貸本業界は週刊漫画誌の急成長に押され、厳しい状況が続いていた。そんな折、富田(うじきつよし)と再会した茂は、懇願され新作を彼の出版社から出すことを決める。
『土』布美枝は家計を維持するため、働きに出ようと決意。引っ込み思案にもかかわらず、化粧品の訪問販売を始めるのだが…。
 [:しょっく:] 毎朝欠かさず見ています。面白いです・・・。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました