ペルセウス座流星群 12日夜~13日未明に活動のピーク

[:カクテル:] [:カクテル:] 今夜は妻と夜更かしです。 [:カクテル:] [:カクテル:]
 夜はゆっくり先日頂いた白ワインでも飲みながら 流れ星のウォッチングでもしましょうか。
★以下 毎日新聞より
夏の夜の風物詩、ペルセウス座流星群が12日夜から13日未明、活動のピークを迎える。今年は10日が新月のため、月明かりの影響を受けず、晴天なら好条件で観察できそうだ。国立天文台(東京都三鷹市)は「4等星が見えるような郊外の夜空では、1時間に12~15個程度流れる」と予想する。
 ペルセウス座流星群は毎年たくさんの流星が現れる3大流星群の一つ。ペルセウス座とカシオペア座の間にある放射点(中心点)から放射状に飛び出すように全天で見られる。明るい流星が多く、すぐに消えずに数秒間、「痕」と呼ばれる光の跡が残ることもある。同天文台天文情報センターの佐藤幹哉さんは「何割くらいの流星で痕が残るかに着目して観測するのも面白い」と話す。
 同天文台は11日夜から15日朝にかけて、観察した流星の個数の報告を募るキャンペーンを実施する。報告はインターネット(http://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/20100811/)か携帯電話用サイト(http://naojcamp.nao.ac.jp/i/phenomena/20100811/)から。
 気象庁お天気相談所によると、11日と12日の夜は台風4号の影響で曇りや一時雨の地域が多いが、13日の夜は北陸や東北の一部を除き、全国的に晴れ間がのぞくという。【須田桃子、斎藤広子】 毎日新聞より

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました