中部駅伝大会 感動の大逆転劇

[:あるくひと:] 駅伝チームのみんなから素敵なプレゼントを頂きました。
その感動の秘話を・・・
アップの時から [:しくしく:]君 なにか様子が変でした。
そういえば・・・顔も青白かったなぁと 妻の言葉。
スタートは団子状態で下のグランドを走りぬけ
坂道にかかります。先頭集団でぐんぐん飛ばしている彼・・・いい感じ。
一度下に降りてきたときは 5/6位についていました。
2週目になって 2走がコースに立って待つのに 待てども待てどもやってこない。
いよいよ最後になって ぽつんと中継所に立つ[:ぽわわ:]・・・どんな気持ちだったのだろう。
想像するだけで 胸が痛みます。
ふらふらになった[:きゅー:]がグラウンドに現れたときは 競技場にどよめきがありました。
まったくの千鳥足 たすきを渡すとその場に倒れ込み 女の子の悲鳴が聞こえます。
そんな中 [:ぽわわ:]はぐんぐん飛ばし 一人抜いて [:ぷん:]へ。
彼も快走して 一つ順位を上げる。
さぁ つぎは [:ニヒル:]!! これまた順位を上げて9位に。
このあたりでしたか・・・競技場に救急車が・・・。
もしかして [:ぎょ:]??
悲鳴とすすり泣きが漏れます。
そんな中でも レースは続きます。
そして [:にぱっ:]  がんばりました。
先輩たちが差を詰めた前の走者を一気に抜き去り
県大会出場圏内にチームを引き上げます。
そして ラストの[:ぷん:]・・・もう涙がとまりません・・・。
声もからから・・応援の横断幕も掲げながら・・・写真も撮るのもわすれていたほどです。
途中[:女性:]ちゃんにあったときに 彼女はもう泣きじゃくっていました。
あちこちで東中の女の子は泣いています。
その中でのゴールイン 見事 6位入賞。
もう語る言葉はありません。
その場にいた者だけが味わえる感動でした。
帰りに北溟の保護者が 東中はすごい。
あの底力 見事だ。感動した。
目を真っ赤にして語ってくれました。
淀江を仕留めたあの最後のゴールに匹敵する
ナイス・ランでした。
これは全員の勝利です。
各場所に応援を配置して 幟をもちながらの精一杯の応援
どれだけ 選手は励まされたことか・・。
ありがとうございました。
次のステージ 県大会が楽しみです。
You’ll never walk alone ☆彡

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました