朝の露天風呂

夜明け前に露天風呂に来ます。朝用事があるときはこのパターンです。用事のないときは ゆったり食事してから ブランナールの露天風呂か株湯ですけど。温泉仲間が出来て いろいろな話題で盛り上がります。だんだん年取ってきたってことでしょうか。
 今年は湯の温度が高くて助かります。寒いとなかなかあがれませんから。
You’ll never walk alone ☆彡

[:たらー:] 1.4 子育て通信より
おはようございます。
賀状が一段落したので 次はお節友の会をHPにまとめておく作業
そして 念願のひさし作りです。
[:おねえさんびー:]という助っ人がいるので 製作もはかどります・・・たぶん。
夜が明けてみないと分かりませんが これからスキーです。
8時前にバスで文子が帰ってきて 朝食して休憩したら出発です。
若いっていいなぁ・・元気いっぱいですからねぇ。
もっとも スキーツアーでもバスで現地到着したら ホテルチェックインのあと
たいていはゲレンデ直行ですよね。
それを思えば 車に乗って 1時間ほどでゲレンデですから 楽勝でしょう。
3日の朝・・・
テレビをつけると 箱根マラソン 復路が始まっています。
昨日のゴール順にタイム差をつけてのスタートです。
1位東洋大が出てから 8分 山梨学院大学のスタートです。
10分を過ぎると残りの学校は一斉スタートです。ここの中からシード権を争う厳しい戦いです。
私も大学時代 東海リーグで入れ替え戦を戦った経験があります。
名古屋大 中京大 愛知学院大 静岡大が トップリーグで毎年リーグ戦を行います。1部最下位は2部のトップとの入れ替え戦です。この日はOBもたくさん詰めかけ 必死の思いでの戦いでした。先輩たちがキープしてきた1部からの陥落など考えられないことでした。同じ思いでシード権キープをかけての走りでしょう。
芦ノ湖をスタートして 小田原まで20kmあまり 全区で最も過酷な山下りと言われている6区です。
午後2時過ぎ 大手町のゴールへ東洋大が飛び込みました。2年ぶりの総合優勝・・早稲田の連覇は阻まれました。毎年勝つなんて・・大変なことです。アナウンスを聞いていると 都大路を走った選手ばかりではありませんか。しかも全国優勝を経験しているランナーがあちこちの大学にいてしのぎを削っています。当然レベルの高い戦いでしょう。
 でもね・・・次のステップを考えるとどうなんだろうと思います。箱根の次です。たまたま正月番組でケニアの選手の練習風景を見ました。過酷な条件でも理にかなった合理的な練習を積み重ねて世界へと出ています。今年の長距離ベストテンに何人ものケニア人が顔を見せています。現在の世界最高タイム2時間3分23秒は いずれ2時間の壁を破るタイムとして位置づけられているそうです。そうなんだぁ・・・・。
 アスリートとして 極限までカラダをいじめ抜いての箱根・・・でもたくさんの選手が故障や怪我で競技生活を断念している現実もあります。燃え尽き症候群もあります。それでも 箱根なのでしょうね。懸念しているのは 世界で通用するランナーが箱根から育たないという現実です。確かに少々のランナーはマラソンに転向したり 実業団でがんばっているものの 世界にばんばん・・という程ではない・・・つまり 都大路 箱根で その青春のエネルギーを爆発させて その後がしょぼい・・これって言い過ぎ??いや 指導者の道で後輩をどんどん育てている方もあります。自ら生涯走る楽しみを享受しておられる方もいらっしゃいます。それはそれで素敵なことです。
 でも なぜ 世界に通用する選手が育たないのか。
 正月明けの調査活動 主に図書館での資料探しですが・・陸上に限らず いろいろなスポーツで検証してみたいと思います。
 6:15にダイソーの駐車場でピックアップして 露天風呂に行ってきます。立命館に進学した[:にかっ:]君です。京都近辺が志望校の方はどうぞ ご遠慮なく・・春休み・・夏休みなど お世話します。実際キャンパスを歩いてくるって本当にいいことです。周辺の商店街なども散策しておくと具体的に住むイメージ そこで生活するイメージが出来ます。大学生活って学ぶだけではないのです。1人で生活していく・・その延長上に学びがあるのです。ですから 生活が破綻すると学びどころではなくなる・・当然ですよね。自宅から通う学生とは訳が違うのです。
 慶応の[:にこっ:]君も言っていました。トモダチも2極化するって・・。
 話題がいろいろ飛びましたが 今日も素敵な出会いと感動を。
  

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました