体重76kg

せっせと体重測定してダイエットします。
まず続けることです。
You’ll never walk alone ☆彡

おはようございます。
朝イチの情報は この方より。
「連続ツイート」第499回をお届けします。文章は、その場で組み立てながら即興的に書いています! 本日は、以前にもふれたテーマですが、大切なので改めて。違う言葉が出てくるかもしれない。
(1)この世を生きる上で一番大切なものの一つ、それは「根拠のない自信」だと思う。これがなければ、そもそも努力しようという気持ちにならない。また、難しいことにチャレンジしようという気にもならない。根拠のない自信を維持することが、何よりも大切である。
(2)人間は、生まれたときには誰でも根拠のない自信をもっている。そもそも、この世の中の多くのことが、まったくわからない。はいはいしたり、伝い歩きをするときだって、自分がそれをどのようにしたらいいのか、実はわかっていないのに平気でチャレンジする。
(3)思いだしてほしい。初めてはいはいする時、「やっぱりやめておこう」と思ったり、初めて伝い歩きする時、「今日は調子が悪いから、来週の日曜に延期しよう」などと思っただろうか? 根拠のない自信があるからこそ、私たちは人生の課題に挑んでいくことができるのだ。
(4)つまり、ここで言う「根拠のない自信」とは、生きるという意欲のようなものであって、それがあって初めて私たちは発展することができる。逆に、「根拠のない自信」が失われてしまえば、私たちの発展はとまってしまう。
(5)根拠のない自信を奪うものは、この世にたくさんある。たとえば、学校における行きすぎた点数主義、偏差値主義。ユニークな「才能」とそのような「標準的な」学力は関係がないのに、多くの人が根拠のない自信を奪われて、「私はこの程度だ」と思わされる。これは社会的損失である。
(6)日本人は、このところ、「根拠のない自信」を失っているように思われる。だから、モーレツになれない。目が輝いていない。日本が再生するために何よりも必要なこと。それは、「明日は今日よりもよくなる」という「根拠のない自信」以外の何ものでもないだろう。
(7)もっとも、「根拠のない自信」だけあっても意味がない。時々、若者で「茂木さん、オレ、そのうちビッグになりますから」と言うやつがいるが、そういうやつに限って努力をしていない。それはつまり、自分の夢を、本気では信じていないということだ。本当は、自信などないのだ。
(8)「根拠のない自信」を持つということは、大言壮語していい気持ちになる、ということではない。むしろ不安なのである。駆り立てられるのである。自分が持っている夢の大きさからして、本当にそれを実現するとしたら、どれほど大きな努力をしなければいけないかということを知っている。
(9)だから、「根拠のない自信」を持っている人は、努力でそれを裏付けようとする。天才とは凄まじいまでの努力をする人のことで、秀才とは中途半端な努力をする人のことである。その意味で、「根拠のない自信」を持ち続けることは、本当に難しい。もしできたら、その人の人生はすばらしい。
以上、連続ツイート第499回、「根拠のない自信を持つ人は、努力でそれを裏付けようとする」をお届けしました。 茂木健一郎さんでした。ありがとうございました。
★この「根拠のない自信」って 本当に大切だと思います。我が子を見ていて若いっていいなぁって思うのは このことです。そんなことをしていると転ぶよなと老婆心で心配するのですが、いたって本人はへっちゃら・・。この感覚も「カーネーション(NHK)」とダブります。でもこの根拠のない自信については 「男子校という選択」 おおたとしまさ著 日経プレミアムシリーズ にもありました。一番共感したのは「自分探し」が進学力も底上げ・・ということです。
 自分は何ものなのか、本当は何をしたいのかということについて、自己洞察を通して自己理解を深め、次に歩むべき道を見出すということを、大学進学前に一度は経験させたい。その時期に徹底的に自分探しが出来ると 自分を理解したうえでなりたい自分に近づくために選んだ大学を目指すのだから、当然受験へのモチベーションも高くなる。それが多くの男子校の進学実績を底上げしている原動力になっているのではないかと私は考える。
 まさに ここです。これに 目指すモデルがあれば最高です。こういった意味において [:しょっく:]はばっちり当てはまります。男子校ではなかったものの 専攻科がその役割を果たしてくれたと思います。そして東高におられる名物先生方 埼玉のおじさん お子さんたちが彼に与えた影響は計り知れないものです。親として出来ることは 子どもの教育環境を整えることです。出会いを演出してやることでしょう。
★今日は首都決戦を前にお墓参りしをしてきます。昨夜 週末にお墓参りするかって[:しょっく:]に提案したら そうだなぁ 俺も行かなくちゃと思ってたと返事・・・へぇ・・意外な反応。来週末が第一ラウンド 次週の後半が前期試験と押し迫っている中では 余裕も感じられました。頼もしく成長したなぁと嬉しい時間でもありました。
 今日も素敵な出会いと感動を。

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました