薪割り

薪割りはやっぱり 斧です。
機械の薪割り機も楽チンでいいですけど やっぱり基本はこれ!!
 力いっぱい振り下ろして スカッと割る醍醐味は抜群です。
You’ll never walk alone ☆彡

おはようございます。
4トンの薪を半分処理しました。
あの 雪の中・・・。
チェーンソーで35cmに玉切りして 割って 積んでいく作業です。
4人で3時間で 2トン処理・・・結構いいペースです。
泊薪組合本部は 本気の組合で、雪が降ろうと雨が降ろうと予定通り決行します。
焚き付けを工場に取りに行ったときも 早朝 しかも 大雪の中でしたが
予定通り粛々とやりました。
私はこういうのって 大好きです。
台風がくるとか 大津波とか 地震とか 天変地異ならさっさとやめますが
少々のことでは 予定変更はあり得ません。
やるって言ったらやるんです。でも家族は大変だったことでしょう・・ごめんなぁ。
これを今までは家族でやっていました。考えられない作業です。
しかも 薪割り機などというグッズを持っていなかったので すべて手割りです。
斧が大活躍してくれました。
斧で割れない大きなものは くさびをハンマーで打ち込んで割っていきます。
それは大変な作業でした。
家族のイベントとして 毎年毎年 ずっと10年間頑張ってきたのです。
今年のように 買い付けたことはないので 自力で山を渡り歩いて薪をゲットしていくのです。
梨畑の整理もしました。鉄線を撤去するところから 小枝を切って始末して そのあと大きなモノを切って持ち帰ります。重労働です。もうしません。危険が伴う作業ですし、そうやって集める時代は終わりました。次のステップへと移行します。
今年から薪組合を設立して めっちゃ楽になりました。
しかも 泊倉庫付き!! 庭での作業がないので 泊倉庫にトラックで持ち込んでもらって作業です。外で切って 中に持ち込んで割って 積み上げます。
今年 すでに10トン確保しました。目標の1/5です。ガッツで積み上げて 50トンはがんばります。
受験が終わったら [:あやまる:]にも活躍してもらいます。もちろん[:しょっく:]も重要な戦力です。あと3年は子どもたちの助っ人がいますが その後はどうなるのでしょう・・・薪組合の会員を増やして みんなでやらなくちゃ・・・たまりません。
★天候は大荒れですが 東京は別天地でしょう。試験の朝です。勝負の第一ラウンドの開始です。

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました