横断幕 見参

昨年末に作成した横断幕のデビューです。
東中の体育館に 掲げました。
You’ll never walk alone ☆彡

おはようございます。子育て通信より 抜粋
茂木健一郎さんより
「連続ツイート」第512回をお届けします。文章は、その場で組み立てながら即興的に書いています! 今朝は、今まさに真っ盛りの「試練」に関連して。
このあと 9回にわたるツイートをカット&ペーストしたはずなのに・・今朝開いてみると あれれ 消えちゃった。もう一度過去のツイートを探すことも出来ますが その労力を考えるとやめます。
バレンタインのお返しに 新横浜新幹線前で見つけた「東京かたえくぼ」 大好評です。まずおしゃれなパッケージ これだけでもう幸せな気分。そして一口食べると・・・兄弟には絶対やらない・・とつぶやく気持ちが分かります。そうなんです・・美味しすぎます。
そうそう 幾つか頂いたチョコのうち 一つだけ残ったモノがあります。素敵な包装でちょっと残しておきたいなぁと思っていたからです。最後になって手にとってよく見ると あれま・・モロゾフじゃん。
モロゾフといえば・・・
神戸に遊びに行くときには モロゾフのカッププリンと西村珈琲 定番でした。ちょっと贅沢するときは A1で250gのステーキです。もちろん東急ハンズも欠かせません。結婚した当初 神戸で家具を探しました。そこで出会ったのが 「飛騨産業」です。このプロバンスシリーズに魅了されました。しかし、超リッチ・・スツール一つが50.000円ですよ・・・。食器棚なんて もう 軽自動車が買える・・・。でも一つ一つ増やしていきました。楽しかったです。貧乏でしたが 孫の代まで使える家具を揃えていこうって決めて 二人で買い足していきました。ベット ドレッサー 丸テーブル 回転椅子 長テーブル 食器棚 ローサイドボードなどなど・・・ そしてこの延長上に一条工務店との出会いがあるのです。
 食卓のテーブルを買ったときに 素材は桜だとお聞きしました。表面がとても傷つきやすく ちょっと爪をたてると・・というモノでした。20年 30年使うと 表面が削れてきて 木目に合わせてでこぼこになるんですよね。 それがまたよくってね。家族の年輪を刻んでくれる家具ですよ。ヨーロッパの生活はこうして親から子へ そして孫へと受けついでいく・・それが当たり前なんです。買い捨てではなく いいモノを丁寧に修理しながら長く使っていく アンティーク家具なんて数百年モノです。日本にだって同じ価値観あります。古ダンスと同じですよね。蔵の中によく眠っているじゃないですか・・そんな価値観を教えてもらいました。
 私の幼少時代は 西倉吉の一部屋を借りる生活・・幼稚園時代に葵町の市営住宅へ・・払い下げになって小6の時に新築・・こんな生育歴でしたので 一つの所に落ち着いてじっくり育てられていません。家具もその時々のモノで済ませ、そうした生活基盤の部分より 白物家電や自動車といった電化製品・・生活を一気に向上させる・・面白いものを求めがちだったように思います。ですから 両親の代から引き継いだものといえば・・・何もない・・。これは決して両親を責めているのではありません。そういう時代の中で私たち兄弟(弟は京都)を育ててくれたのです。父はあたらしモノ好きで 機械いじりがとても好きでした。親戚のおばちゃんに言わせると そっくりそのまま性格を受け継いでいるとおっしゃいます。カタチには残らなくても しっかり残してくれた知的財産です。
 どれだけ 子どもたちへ知的財産を残してやることが出来るでしょうか。これも私の大きな子育てのテーマでした。いや現在も継続中の子育ての柱の一つです。
 合格発表は週明け・・緊張の時が近づきます。今日も素敵な出会いと感動を。

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました