囲む会の差し入れ

T先生を囲む会(送別会)の料理の差し入れです。
どんどん集まっています。会費1.000円で気合いを込めて準備しますから こうしたモノは差し入れで賄います。
ご協力下さい。
iPhoneから送信
[:こっき:] 子育て通信より 恒例のツィッター 2012.3.31
おはようございます。
恒例のツィッターをどうぞ。
(1)これは今回の旅じゃないんだけど、確かアトランタに行った時だったか、乗るタクシーの運転手さんが、みなアフリカから来た人だった。それで、移動しているときに、ある運転手さんが、「このあたりはゲイの人たちが多いんだ」と言った。ぼくは、「へえ、そうなのか」と思った。
(2)そのあと、その運転手さんは、「私は同性愛は神の道に反していると思うよ。平等はいいけれども、行きすぎていると思う。私は、愛というのは男と女の間にあるように、神が定めたものだと思う」と言った。そうか、そんな考え方なんだ、とぼくは思った。
(3)その後、乗った別の運転手さんも、やはり同性愛は嫌いだと言っていた。文化的ないしは宗教的な背景があるのだろう。それでも、なぜかイヤな気持ちにならなかったのは、それはあくまでも「自分の考え」ということで、押しつけることもなく、おもねることもなく、言い切っていたからだろう。
(4)ワシントンの空港で飛行機を待っていたら、オバマ・グッズがたくさんあった。「Yes We Can」と書かれたお菓子なども。一方で、「2013年1月20日(だったけな?)、間違いが修正される日」と書かれたTシャツもあって、オバマの再選に反対する人が着るのだなと思った。
(5)アメリカはいろいろ問題がある国だけど、いつも感心するのは、それぞれの人が、それぞれの立場で自分の意見を言い切って、それで恥じないことである。その空気に慣れて日本に帰ってきて、ツイッターのTLを見ていると、あれれ、なんだか湿っぽいぞと思えてくる。
(6)最近はパブリックの問題について意見を言う人が多い。それはとても大切なことだけど、その時に、文章を読んでいると、「これはみんながそう考えるはずの意見だ」みたいな押しつけがましさ、ウェットさを感じることが多い。ああ、これが日本なんだなと思う。
(7)「拡散してください」と押しつけてきたり、執拗に@メンションで絡んできたり。そんな振る舞いには、自分の意見を自分の意見として言い切る、さわやかさが欠けている。なぜか、空気のようなものを前提に、それを読んでいるのである。そして、空気を操作しようとするのである。
(8)社会の空気が今はこうだから、というようなことと関係なく、自分の意見を言って、その理路をきちんと語ること。表現というものは基本的にそのようなものでなければならないと思う。すぐに空気が介在してきてウェットになるのは、日本のOSの劣化の一つの表れだろう。
(9)この問題が厄介なのは、話者が暗黙のうちに前提にしていて意識していない領域に関わるからで、つまりは日本人のマインドセットに関わっている。どんなに少数派の意見でも、堂々と表明すればいい。本人が正義だと思っていても、そこに空気を読むウェットさが絡むと、爽やかではなくなる。
以上、連続ツイート547回「自分の意見を言うときには、みんなはどうかとか考えない方がいいよ」でした。
 [:にわとり:]と過ごす 最後の日になりました。過ごすといっても 昨夜も何時に帰ってきたのか分かりません。とっくに私は寝ていますし この時間は彼はまだベットの中・・ずっとすれ違いです。高校生の二人とは朝食の時間がかぶるので よく話をしたり テレビ(カーネーション)を見たりするのですが。まぁそんなものだと割り切っています。
 デロンギのコーヒーメーカーを借りています。T先生を囲む会に使おうかなぁと思っています。自宅でお試しに使ってみると いいじゃん! カフェオレやクリーミーな泡立ちのラテなど子どもたちにも大人気です。でもめちゃめちゃ ミルクと珈琲豆を消費します。あっという間に牛乳パック3本と豆200gが吹っ飛びました。ちまちまカップで水を計って豆は手動のミルで挽いてドリッパーで点てる。これかなぁ・・・やっぱし。
 ある子が言ってました。今は借りているけど そのうち ここにあるようになるって・・・つきあいは短いのに結構私の性格を見抜いているなぁと・・。でもコピーとFAX パソコンのプリンター スキャナー機能の複合機(リースのもの)をずっと我慢しているのですから 今回も我慢です。他にも大型液晶テレビ ブルーレイ F2の白レンズ ハーレィ ログハウス ダブルベット いやいや冷静に考えると我慢するほどのものではない・・それなくても十分生活出来ますから。
 さて東北支援薪プロジェクト(桃源郷ハワイからの贈り物)では もう一つの原木の調達先 赤崎清掃さんの担当者の方と会いました。親戚のMさんが出会わせてくれました。また琴浦随一の豪邸(?) Yさんとも・・。これって担当のIさんの言葉ですからね。
 まぁそんなことはどうでもよくて いや この担当者のIさん 実は[:ぱんだ:]と同じ中学校の保護者でした。そして進学先も同じ。全国レベルのスイマー・・・彼氏が ○○ ([:ぱんだ:]情報)
どんどん脱線しますけど・・・どうでもいいですけど・・仲良しになりました。またプロジェクトが一歩も二歩も進んだ感じがあります。外堀がどんどん埋まっていきます。
週末はどんな出会いと感動があるでしょうか。楽しみです。

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました