三朝郵便局

ここのペレットストーブとの出会いが 実はこの郵便局を使うようになったきっかけでもあります。
You’ll never walk alone ☆彡

[:おんぷ:] 子育て通信 メジャーということ 2012.4.4
おはようございます。
恒例のツイートをどうぞ。
茂木健一郎 ‏ @kenichiromogi
返信
リツイートの取り消しリツイート
削除
お気に入り解除お気に入りに登録
· 閉じる 開く 詳細
「連続ツイート」第550回をお届けします。文章は、その場で組み立てながら即興的に書いています! 本日は、昨日、編集者と打ち合わせしていたときに感じたこと!
(1)あれは昨年の暮れの頃だったか、新聞を読んでいたら、「今年いちばん売れた」としてある本が紹介されていたのだけれども、タイトルも著者名も初見だった。へえ〜と思ったが、未だにどんな本なのか知らない。どうやらミステリーかサスペンスらしいんだけれども。
(2)それで、昨日、ある大手出版社の編集者と打ち合わせしていて、「最近どうですか」と聞いたら、「いいんですよ!」と答えが返ってきた。それで、なんとかという本のタイトルを言って、「売れてます。ドラマにもなりましたから」と言うけれども、そのドラマの題名が初耳である。
(3)私が怪訝な顔をしていると、編集者が、ちょっと不満そうに、「今クールで一番視聴率が高かったんですよ」と言ったが、知らないものは知らない。それで、話題は次に行ってしまったが、街を歩いているときに思いだして、ああ、世の中はもうそうなってしまっているんだなと思った。
(4)かつては誰もが知っているヒット曲とか、ベストセラーがあったとはよく言われる話である。ところが、100万部とか売れても、もはやある「セグメント」の中のことでしかない。そのセグメントを外れると、誰も知らない。変化をもたらしたのは、インターネットと、グローバル化だろう。
(5)ネットの発達によって、自分の志向に合った情報源に手軽に接することができるようになった。その結果、それぞれの小宇宙が発達した。逆に言えば、かつて「マスメディア」が時代の流行を作っていたときは、いかに「全体主義的」だったかということがわかる。
(6)もともと、人間というものはそれぞれ見ている世界が異なる。同じ家族でも、食卓に座る場所によって光景は異なる。マスメディアの寡占がそもそも異常なことだったのであって、人類の文化史から見れば、ごく一時期の、特殊な状況だったということなのだろう。
(7)100万部売れる「ミステリー」や、「今クールで一番視聴率の高いドラマ」だって、それに興味がない人はつきあう必要がない時代になった。逆に、インターネットは世界中の情報をもたらすから、日本のドラマよりもアメリカのドラマやイギリスのコメディに詳しい人が出て来る。
(8)もともと、私の周囲ではトレンディ・ドラマに出ている俳優よりも、チューリングやゲーデルの方がよほどメジャーである。以前はそれでもマスメディアに付き合っていたが、困ったことにネットのお蔭で、自分の好きなチューリングやゲーデルの情報をいくらでも深掘りできるようになった。
(9)アニメを深掘りする人も、趣味の植物を深掘りする人もいる。そして、その向こうに広がる小宇宙では、同好の士がおいでおいでをしている。比べるとマスメディアの最大公約数は薄味だ。結果として、メジャーだろうがそんなもの知らない、そんな時代になったのはおそらく歓迎すべきなのだろう。
以上、連続ツイート第550回、「もはやメジャーなんかない、みんなオタクでいいんだよ」でした。一つ付け加えれば、100万部のベストセラーでも、視聴率一位のドラマでも、その愛好自体がもはやオタクだということです。
★今日はサイクリングの日・・・現在雨がしとしと・・止みます・・たぶん。出発を遅らせても実施したいです。昨日も「このサイクリング 中止には絶対しないで下さいよ。延期ならがまんしますけど。」って、念入りにお願いされています。よほどすみれラーメンの旅が良かったのでしょうね。子どもとの約束は全力で果たしてやらなくてはなりません。それが一番の信用に関わります。宿題との取引も日々の勉強の駆け引きもすべてこの楽しい行事がベースになります。いろいろな意味で一生の思いで作りだと思っています。
 大袈裟って思いますか?そう思われるのでしたら 子どもの心をまったく分かっておられません。ご自身の思い出で 勉強したことや宿題したこと覚えていますか?思い浮かべて元気が出てきますか?そっとまぶたを閉じて思い出して下さい。きっと瑠璃色に光る楽しい思い出がきっとあると思います。大雪の日にかまくらつくったこと・・・海遊館でじんべいざめがでかぁと思ったこと・・・高知湾で鯨の潮ふきがすげぇって・・・大山山頂での景色が・・・初めて自転車乗れたあの日・・・普段叱ってばかりのT先生がにこっと笑って いいシュートだったなぁと声をかけて下さったあの試合・・・きっとあると思います。
今日も素敵な出会いと感動を。

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました