ばくさんラーメンの旅

楽しいサイクリングでした。
上灘から橋津のばくさんまで 結構な距離があります。
You’ll never walk alone ☆彡

子育て通信 県庁でのやりとり 2012.4.15
おはようございます。
行ってきました・・鳥取県庁4階 鳥取力創造課へ。
なんじゃ?? この課ってなにしてるの?
そもそも この応募の文書を読んで分からないことだらけでした。
今回応募する事業は
新しい公共支援事業(新しい公共の場づくりのためのモデル事業) です。
まずは応募資格・・
要項には 
①地域からの提言等をもとに協働するNPO等及び県内市町村又は鳥取県等の行政組織(連名による応募)
②NPO等と県内市町村又は鳥取県を構成員に含む団体(協議体)
これに付則説明がついています。ここまで読んで はぁ? 地域からの提言?? 協働するNPO??? 行政と組まなくちゃならないの????
これは幾ら読んでも分からんと思いました。分からないことは直接聞く・・これしかないと思い 担当部局にアポをとり 直接乗り込んできたのです。課長補佐以下3名のかたが取り囲まれて 私の矢継ぎ早の質問にてきぱきと応えて下さいました。官僚って こういうとき本当に頭が切れます。見事なお役所答弁です。
 でも それにめげては来た意味がありません。例えばこんなやりとりも・・・
対象となる経費について・・・
私 施設等の整備及び設備備品等の購入については原則対象外とします。とありますが 薪を作るためのチェーンソーや薪割り機は買えないということですか?
担当 そうです。こうした備品等は原則出来ません。
私 原則という意味は 例外があるということですね。
担当 付則にあるように 申請事業を実施するにあたり必要不可欠なものの場合は可能です。
私 あなたは30cmの丸太を玉切りされたことはありますか?
担当 したことはありません。
私 では チェーンソーなしにこんな丸太を玉切りすることが どんなに困難なことか また40cmに切ってもそれを運ぶ事がどれだけの重労働か想像つきますか?
担当 想像はつきますが・・・すでにチェーンソーはお持ちではないのですか?
私 1台で100トンの薪と格闘するのですか?せっかくボランティア活動を広げて人員を集めても徒手空拳では勝負になりません。機材が絶対数必要です。
担当 今年一年限りの事業ですし 終了後の取り扱いが明かですか?
私 予算をつける県は一年限りでも 冬は毎年やって来ます。私たちはこのリーフレットにも歌ったように 東北の森が蘇るまでライフワークとしてこの活動を続ける覚悟です。我が家にも薪ストーブが2つあり 今シーズンの使用量はおよそ16トン パレットに身長ほど平積みして16枚分です。先週福島へ行ってきましたが 4月上旬でも道路は凍結 磐梯山は真っ白でした。・・・以下省略・・・・
 こんな調子でまくし立てました。
 あれこれ 論点を広げないことがディベートの鉄則です。一点突破でいいのです。キーワードは 薪 これから離れないことです。
 あっという間の2時間でした。
今日は 15トンの新型薪割り機の試運転です。どの程度の威力なのか・・本当に楽しみです。これが存分に働いてくれるとすると 来週からの本格始動が楽しみになります。真っ黒になって働くとしましょう。

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました