スタジオ生出演

おはようございます。

今日は福島FMのスタジオにお招きしてもらっています。
おグッチ代表の代わりに つれあいが熱く語ってきます。
彼女は涙もろいので たぶん オンエアの間に泣き出すと思います。
それも想定内です。
この涙声 つまった空白 これが人の心に強烈に語りかけるのです。
すらすら紙に書いた原稿を読む 無味乾燥なインタビューはいりません。
直接 福島まで1000キロやって来た思いをそのままぶつけてきます。
生放送ですから 効果抜群です。
これはあくまで私の計算ですから その通りになるかどうかは疑問です。
でも ある程度はシナリオ通りに進むと考えています。
これで 福島のメディアが注目してくれて それが鳥取へ波及して・・ともに絆が結ばれると次は 朝ズバかなぁ。
 NHKのクローズアップ現代でも いやドキュメンタリーでもいいですねぇ。
 などど つまらない妄想でした。
以上が事前に作っていたストーリーですが 大幅修正となりました。
つれあいに出演してもらうはずが スポンサーのカヨウさんご夫婦と私たち夫婦4人がスタジオ入りして 結局私が話すことに・・まぁいいか。

 朝地元のテレビを見ていると 白いカーネーションが飛ぶように売れていると・・・インタビューされた方は
 「震災から1年経って ようやくいろいろなことに目が向くようになった。亡くなった母に家族に友人に お花を贈って偲ぼうと思います。」とおっしゃっていました。
 スタジオに向かう前に 白いカーネーションを買い求めてそれを片手に自己紹介しました。実際マイクの前でこの話をしている最中に 涙に詰まったのは私の方で・・・地元福島の地でじ・・・んと来てしまいました。
 生出演は20分を超え・・たくさんのことをアピール出来ました。またディレクターの方もこれをスタートにプロジェクトの進捗状況を伝えますし 福島に来られたときは是非また出演して下さいとおっしゃって下さいました。
 次回はおグッチ代表にお願いすることにしましょう。緊張と熱い想いで・・疲れました。
 事前にSさんに連絡して 録音してもらっていたので ネットを通してデータを送ってもらいました。昨夜帰宅してから聞いてみると・・・こんな事も話している・・ここはこうだなぁとか想いの半分くらいかなぁ・・語れたのは・・まぁそんなものです。
 電波に乗ったので この内容は公開します。また明日のNHKのスタジオ収録にも使ってもらえるように 郡山でのボランティア活動の写真とコミュニティFMでの会話は寺町のNHKに送ります。
 今放送を聞き返していますが・・熱いモノがこみ上げてきます。
 このプロジェクト本気でやるぞって 元気が出てきました。
 昨夜郡山から帰宅する途中に 三朝薪基地に寄ってきました。50トンの薪が大型機械によって玉切りされていました。そうかぁ・・Sさんやって下さったんだと感激しました。後はせっせと薪割りと保管です。がぜんやる気になってきました。
 今日も素敵な出会いと感動を。
You’ll never walk alone ☆彡

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました