モニュメントの土台

どうやって穴を掘ろうかと思索の練っていたところ・・・
ロボット兵が助けてくれました。
ラピュタさまさまです。
You’ll never walk alone ☆彡

子育て通信より 苗の植え替え 2012.6.7
おはようございます。
夏の花壇の苗が順調に発芽してきたので そろそろポットへ移植します。この作業は結構地味な作業で、音楽でも聴きながらゆっくりゆっくりやります。
 今年は 西洋アサガオ(日よけに) インパチエンス 金魚草 コリウス カンパニュラ といったメンバーです。おなじみの花たちですが 切り花を意識しています。家のテーブルを飾ったり ちょっとしたプレゼントにと思っています。
 昨年もあじさいおじさんにコリウスをプレゼントしたら とても喜んで下さいました。今年もしっかりした苗を作ってプレゼントします。喜んでいただけるって本当に好いモノですね。この感覚は昨日のボランティア活動でも書いたように 子育てには必要な体験です。こうした小さな体験の積み重ねが「自己肯定感」の醸成に役立ちます。また土と戯れることによって 自然の偉大さや生命の神秘といった言葉では説明出来ないことが 自然と体得されるものです。テレビゲームでは絶対無理な子育てです。
 さて 通ってきている中学生の妹さん(6歳ですが) ちょっとした英才教育を施しています。お迎えの10分を使って まずは百人一首の暗唱から・・2ヶ月で20首覚えてしまって、次へチャレンジです。お風呂グッズを作って お母さんといっしょにお風呂で覚えてねと伝えていましたが その通りに実践してもらえると思わぬ効果を生むモノです。こうして言葉を 伝統文化を意味など関係なしに体に叩き込んでおくことは 豊かな言語環境を育む第一歩です。まず国語です。次は絵本の暗唱や日本文化の代表的な作品の一部など どんどん暗唱させていきます。小学校低学年でも有効なことですから 今後の 自立塾「WISH」の目指す方向の一つにします。
 今最も興味があるのが 幼児教育です。
今日も素敵な出会いと感動を。

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました