付箋

NHKの朝の情報局で紹介されていました。
You’ll never walk alone ☆彡

子育て通信より 映画って良いですね。 2012.7.4
おはようございます。
先週前編を そして今週後編を 観てきました。
「僕等がいた」
あらすじは・・・
釧路市の高校に入学したばかりの「高橋七美」は、新しい環境に胸を膨らませていた。友達もでき、順調な高校生活がスタートしたように思われたが、中学ではクラスの三分の二の女子に好かれていたという人気男子「矢野元晴」との出会いは、七美にとってあまりよい印象のものではなかった。クラスメイトとして共に過ごすうち、徐々に矢野に惹かれていく七美。だが、矢野は恋人との死別という暗い過去を引きずっているのだった。
紆余曲折を経て大好きな矢野と両想いになり付き合い始めた七美だが、彼が上京し遠距離恋愛に。再会を約束した翌年、七美が上京すると矢野は消息不明になっていた。待ち続け苦しむ日々が続いた末、ようやく七美が再会できた矢野はまるで別人だった。
映画の背景は・・・
第50回(平成16年度)小学館漫画賞(少女向け部門)受賞。コミック累計数が1000万部を突破。2006年7月から同年12月までテレビアニメが放送された。小学館フラワーコミックスより単行本全16巻とファンブックが出版されている。
ちょっと照れくさいですが しっかり 妻を愛していこうと再確認しました。そんな映画でした。
 今日も素敵な出会いと感動を。

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました