薪棚 そして薪の注文

おはようございます。
現在 4時30分 まだまだ暗い外です。
夏至の頃は 明るくなって 5時ころから薪割り作業が出来ていたはず・・確実に秋が、そして冬が近づいてきています。薪はバッチリ用意してありますし、冬の到来を待つだけですが・・なんとなく嬉しい・・ふふふ。
 早朝ひとっ走りして日野まで行ってきました。しいたつのシイタケが5袋もオーダーがありました。取り置きも少しさせてもらって 販路が広がってくると嬉しいです。彼は26歳 そういえば文子の3つ上・・息子達と同世代なんですよね。支援してやらなくちゃ。
 ついでにウッドデッキに薪棚を作ります。ミニですけど、さっと部屋に持ち込みやすいように夏の間に作っておきます。そこには自慢の薪を並べて眺めます。この夏せっせと作った薪を身近なところにおいて いつも目にする・・これって結構重要なことなのです。目標を紙に書いて貼っておくとか とにかくいつも意識の中に入れておくために 日常の中で目立つ工夫はモチベーションの維持には欠かせません。
 ぼちぼち薪のオーダーが来ます。仕入れ先をしっかり確保して需要に対応しなくてはなりません。作業して下さる方は確保出来ましたので 原木を安定供給するルートを確立すること・・そして毎年循環させるようにシステムを構築することがこの夏から秋の課題です。安価で安定した薪の供給システムがないと安心してみなさんにストーブライフを推奨出来ません。つけたのはいいけど・・高価な薪を・・ではせっかくの山陰の冬を満喫することが難しいですものね。
8日は新規薪顧客と面談です。事業所ですから大口の消費です。納入方法や薪のサイズ・重量等 細かなニーズをお聞きして専用に仕上げます。
 今日も素敵な出会いと感動を。
You’ll never walk alone ☆彡

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました