薪を切り口にした町の活性化

おはようございます。

[:はなたば:] [:はなたば:] ピザ窯新規お目見え [:はなたば:] [:はなたば:]
企画提案文書を作っています。
大それたモノではないのですが 将来ビジョンをどう描いておられるのですかとおぐっちに質問されたので 「心豊かに暮らす」「地域特性を生かして共存する関係構築」「山陰の冬を快適に過ごす」「暖かい子育て」・・・などと並べてみましたが イマイチ説得力に欠けるのと いったいどの方向を目指していったらいいのかを共有しておくことも1年目を終えるに当たっての総括としておきたいと考えたからです。
 これを仕上げたら 行政トップに面会を申し込んで企画を売り込むというか 町おこしのビジョンを提案してきます。すべて先日のNHKクローズアップ現代に刺激されたからです。西粟倉の林業を町の基盤産業へ育てていく取り組みを形を変えて 薪を切り口に提案出来たらいいなと思っています。なぁに 一気に動かす必要もなく アリの穴からダムは崩壊したように(オランダの昔話だったかな・・ネットで調べてみると この昔話のニュアンスは愛国心とか別の所にあるみたい) まぁ 何がきっかけになるか分からないということです。ともかく動き始めてみることから将来が開けて来るということです。
 今週はチェーンソー講習会に2日間に渡って参加・・・基礎工事の実施・・お節友の会会員集約・・そして週末は高松遠征応援・・愛媛大学見学・・マンションカリカリ契約・・そのなかに 結婚記念日もあり(大作戦企画中・・) まぁ 目の回るような一週間です。またトレーニングさぼっちゃいますねぇ・・まずいまずい。
 昨夜は素敵な新築祝いでした。今まで上灘ご近所倶楽部とかお節友の会とか 職種や地域を越えた仲間はたくさんいましたが 今回のおグッチ薪割り倶楽部は薪ストーブユーザーという切っても切れないグッズを介しての友人です。子育てサークルなどは子どもが大きくなれば自然消滅というパターンが多いですが この倶楽部は死ぬまでです。薪ストーブの寿命は私たちの寿命より遙かに長く、冬は毎年やって来ます。そして主暖房をこのストーブにと選定した限りは、薪集め・メンテナンスは毎年の必須です。それだけに助けあって仲良く運営していくことが暖かい冬を快適に迎えられる条件にもなるからです。
 現在会員は8名。会員予定者も数名・・・ますます広がりが出てきた薪ストーブユーザーです。楽しみです。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました