回路基盤交換物語り

おはようございます。
過失で基盤を損傷したA君 意を決して編集部へ電話しました。事前に練習していた通り、相手の話を聞きながらこちらの要求を伝えました。10分くらいのやりとりの後 無償交換で2~3日で送ってくることになりました。
 電話をかけるまで緊張でドキドキの様子が伝わってきます。かといって電話を替わって話をしたのでは せっかくの学びのチャンスを失すると思い、隣でメモを指さしながら応援していました。
 電話を終えてガッツポーズ・・どこへ行くのかと思ったらトイレに直行・・緊張が緩んで・・ですって。とんだオチあり。
 基盤が完成したら いよいよ各種実験に移ります。01トランジスタ検査機から50電子ボタルまで 少しずつ楽しんでいきます。これを夏休みの自由研究にしようという作戦です。スタートから波瀾万丈ですが・・それも一緒にまとめます。
 今日も素敵な出会いと感動を。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました