思い切り遊ばせること

  
 おはようございます。
昨日の帝京大につづいて 面白い研究報告を見つけました。
どうぞ。
プレイフルラーニング~幼児の「遊びと学び」プロジェクトは、2013年12月13日~15日の期間、20歳代の社会人の子供を持つ全国の親1,040人を対象に、「子供の難関突破経験と子育ての実態に関する調査」を実施した。
難関突破経験者の親ほど遊びを重視
今回の調査では、高い学習意欲で大学受験や資格試験などを突破したり、憧れの職業に就いたりなど、何らかの分野で努力を実らせた者を「難関突破経験者」としている。まず、「難関突破経験を持つ子供の親と「難関突破経験を持たない子供の親」に、就学前の子育てで「とても意識して取り組んでいたこと」について尋ねた。
すると、難関突破経験者の親の35.8%は、「思いっきり遊ばせること」と回答。難関突破未経験者の親が「思いっきり遊ばせること」と回答した人は23.1%で、10ポイント以上の差が付いた。「毎日一緒にしていたこと」で、差が出たのは「一緒に遊ぶ」「絵本の読み聞かせをする」だった。
就学前の遊びは「自発性」がカギ!?
次に、「就学前の子供の遊ばせ方」に関する調査では、難関突破経験者の親のうち29.7%が「子供の思いや意欲を大切にして遊ばせるようにした」、28.8%が「遊びに対する子供の自発性を大事にした」を「よく当てはまる」と答えた。子供に遊びの主導権を渡す項目では、いずれも難関突破未経験者の親と比べて高い結果となった。
☆彡 子育てが終焉に近づいてきてからのこの情報・・・まぁいいか。たっぷり遊ばせてきたことには自信があります。絵本も・・週末はほとんど図書館に通って本を借りて読み聞かせました、最初の子は・・・二人目・・三人目になると・・・四人目はほとんど・・?? かな。
 今日も素敵な出会いと感動を。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました