子育て通信より 遊びの大切さ

  
 [:tennis:] [:tennis:] 思い切り遊ばせる [:tennis:] [:tennis:]
 おはようございます。
[:パンダ:]をアンダー18の練習会(広島)に送り出しました。先週は大雪で大変でしたが、今週は大丈夫でしょう。
では昨日に続いてどうぞ。
難関突破経験者の親は「共有型」が多い
また、同調査の調査監修者で、お茶の水10+ 件女子大学名誉教授の内田伸子先生の研究によると、難関突破経験者の親の3人に2人が、子供自身が考える余地を与えるような援助的なサポートをする「共有型」であることが分かった。逆に難関突破未経験者の親の半分以上が、大人目線で介入し子供に指示を与える「強制型」スタイルだった。
次に、就学前の熱中体験について尋ねたところ、難関突破経験者の親の26.3%が「たくさんあった」と回答し、難関突破未破経験者の親を10ポイント上回った。
また、熱中体験が小学校・中学校・高校でも持続しているか調べるために、「クラブ活動にどのくらい一生懸命取り組んだか」と尋ねたところ、難関突破経験者の親は「とても一生懸命」率が高く、逆に難関突破未経験者の親は高校で大きく減少している。内田先生は、「就学前の熱中体験が子供の意欲や頑張りぬく姿勢を育み、難関突破につながったのではないか」と考察している。
 子育ての原点がここにあると思います。でも何も特別なことはないのです。当たり前のことを当たり前に・・淡々と子育てするってことでしょうね。
 今日も素敵な出会いと感動を。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました