珈琲と薪ストーブのハシゴ


おはようございます。
一生の本に仲間入りです。
50年後の誰かが筆者の論考を目にとめて「50年前にすでにこれを論じていた人がいたのか。」「今の世では当たり前になっている話も、50年前にはこのように熱意を込めて書かないといけないほど、うけいれられにくいものだったのか」と評価をいただくこと。僭越を極めているようだが、これが筆者の心からの願いだ。
あとがきの一文です。これだけの気概で執筆された藻谷さんに敬意を感じます。三朝町で講演された際も本当にわかりやすく その気になる話でした。
これとクロスする本が 増田寛也著 地方消滅 うんうんうなりながら読み込みました。 今日も素敵な出会いと感動を。

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました