原木30トン 今年も薪割りが始まります。


おはようございます。
来年の薪にする原木がやってきました。薪基地を整理して30トンを 3つの山に分けておいてもらいました。さぁて これからこれを35cmに玉切りして割ります。こう書くとなんだそれだけのことって感じですけど、それはそれは大変なことです。薪ストーブと付き合うようになって20年 いろいろなことがありました。最初は三朝の原木貯蔵地へ行って 直接交渉してその場で玉切りをしてピックアップのトラックに積んで積載量を図ってもらって支払いをして帰りました。かえってからそれを薪割りして積み上げます。大変でした。原木を買うってこんなにコストがかかるの・そしてそれをチェーンソーで切って揃えます。またそれを割る作業がまた一苦労・・さっと割れるものもあれば 節があったりして手ごわいものも。割ってもそれを積み上げて半年以上乾燥させなければなりません。これは大変な苦労をしょい込んだなぁというのが正直な気持ちです。それからはどうすれば 楽に冬を越せるだけの薪を調達できるか・・そればかり考えているうちにあっという間に十数年経ってしまいました。
さてそうこうするうちに 子供たちが一人減り 二人減り・・とうとう来年の春には最後の一人も外に出てしまいます。さぁてこのあと薪つくりはどうするんだ・・・そしてたどり着いたのが三朝薪基地です。そして薪割り倶楽部の設立です。
さぁ 今日も素敵な出会いと感動を。

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました