2015 第19回お節友の会 お品書きより


さて今年は4人の子ども最後の大学受験が終わりました。上3人はすべてセンター試験を受けてからの受験でしたが 彼は指定校推薦で早々と進学を決め 年末はのんびりしています。のんびりというかだらっとした雰囲気が家じゅうに蔓延していて このお品書きも作る気がなかなかしませんでした。29日になり切羽詰まってやるかって感じです。
今年も何人かの方から試作品が届きました。中でも野間田さんの棒鱈は圧巻でした。数か月前からこの一品に立候補してちゃくちゃくと研究を重ね、かちかちの乾燥したタラ(棒みたい・・・ここから来た名前か?)をどのようにして戻して味付けしていくのか 戻す時間・・煮る時間 調味料の研究・・それはそれは素敵な研究成果を今年も発揮してもらいましょう。聞くところによると この棒鱈は昔お母さんに作ってもらった味を再現するというのがテーマだそうです。懐かしい味というか 思い出の料理 いろいろな願いのこもった料理です。この棒鱈だけでなく お節料理にはいろいろな願いが込められた節目のイベントです。その願いや毎年の奮戦記など一の重からゆっくり紹介していきます。
みなさんが今日・明日で最後の仕上げをがんばっておられるかなぁと想像しながら 壱の重から紹介してきます。今回は各料理を担当してくださっている方と どのようにしてこのお節友の会と関わりをもつようになられたのか・・個人的なお付き合いも含めて紹介していきます。しばしおつきあいください。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました