子育て通信 あなたのせい、お金を返して その2 2015.03.26


おはようございます。
すっきり晴れマーク 今日も素敵な一日になりそうな予感ですね。
では お金を返しての続きです。
講師の方は、返金しろと文句を言い続ける親に対して、毅然とした声で対応していました。
「落ち着いてください」と、何度も繰り返し、その女性が文句を言い終わるのをただただ辛抱しながら待ちます。
そして一通り女性が不平を言い終わった後、すかさず、講師の方が話はじめました。
「受験を受からなかったということは、一つの結果として、受け止めなければいけません」
「それは、私たちももちろん、本人も、そしてお母様も」
「ただ少なくとも、本人も全力を尽くして受験に取り組んだし、私たちも全力でそれをサポートしていきました」
「結果として受験に落ちてしまいましたが、それは決して本人のモチベーションが低かったわけでも、私たちがモチベーションを下げたからでもありません」
ところどころ女性は噛みつこうとするも、「少しだけ聞いてください」と制御し、話を続けます。
「ただ一つお母様に理解してほしいのは、人生には、100%以上の努力を積み重ねたとしても、結果が出ないことがあります」
「受験だけではありません」
「スポーツでも、100%以上の努力をしてもプロになれない人もたくさんいる」
「仕事も恋愛も全部一緒です」
「そうして結果が出なかった時、本人はどう考えなきゃいけないか」
「例えば大人になって、仕事で100%以上取り組んでも結果が出なかった時、どう考えなければいけないか」
「もしそこで、「上司が悪い」「一緒に仕事した人が悪い」「会社が悪い」「自分は頑張ったから悪くない」と考えると、どうなってしまうか」
「おそらく、そこから成長することができなくなってしまうと思うんです」
今日も素敵な出会いと感動を。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました