おめでとう ノーベル賞


おはようございます。
今年も日本人がその栄誉に選ばれましたね。
これは ご存知ノーベルが後世の人たちへ 人類の平和と繁栄に寄与した人へのプレゼントと励ましの制度・・・世界のどの方が受賞しても おめでとうと言う気持ちは変わりません。でもね・・それがたまたま日本人ということだけで なんかうれしいです。でも 韓○などねたましいコメントを発表するなんて まったくその思考回路が分かりません。というか かわいそうだなぁと哀れに思います。よくバッシングする○○報道官・・・いったいどんな気持ちであんなコメントしているんだろう・・・本気で言っているの? 一人の人間としてどうなのよと。
まぁ やめます。おめでとうございます。
ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった大村智・北里大特別栄誉教授は、長年にわたり微生物が作る有用な化合物を探求してきた。
 中でも1979年に発見された「エバーメクチン」は、アフリカや東南アジア、中南米など熱帯域に住む10億人もの人々を、寄生虫病から救う特効薬へとつながった。
 大村さんは73年、大手製薬会社メルク社と共同研究を開始。さまざまな微生物が作る抗生物質などの探索を進める中で、静岡県内の土壌から分離された微生物が生産するエバーメクチンを発見した。
 この物質は線虫などの神経系をまひさせる一方、哺乳類の神経系には影響しない特性があることが分かった。エバーメクチンを基に、さらに効果を強めた「イベルメクチン」は家畜の抗寄生虫薬として世界的なベストセラーとなった。
 さらに、失明につながるオンコセルカ症やリンパ系フィラリア症(象皮症)など、熱帯域にまん延する寄生虫病にも効果があることが判明した。
 世界保健機関(WHO)はメルク社の協力を得て、アフリカなど寄生虫病に苦しむ地域にイベルメクチンを配布するプログラムを開始。メルク社によると、2012年までに延べ10億人以上にイベルメクチンが無償提供された。
 WHOによると、西アフリカでは02年までに少なくとも4000万人のオンコセルカ症の感染を予防。象皮症でも00年から対象となる53カ国でイベルメクチンなどの集団投与が進められており、20年までの制圧も視野に入ってきている。 

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました