第20回 お節友の会 栗きんとん


★栗きんとん                        担当:中山&杉村さん 
初参加の明光義塾鳥大前教室からご参加下さいました。きんとんの命を決めるのはなんといっても「さつまいも」。そこで黄金の輝きを求めて いろいろな種類の芋と調理を工夫しました。ゆでるのか 蒸すのか 焼きいもにしてやるか・・そして繊維を取り除いてなめらかな舌触りをもとめての『裏ごし』それはそれは苦労の一品です。ご丁寧に倉吉西教室から助っ人も呼んでおられたのですが 結局その助っ人の杉村さんも一緒に作る羽目になって 20番目の参加者になってしまったわけです。フレッシュなお二人の合作をお楽しみください。おっとそうだった・・・ほかにも山下お母さん 娘の楓さん プレゼンターの千尋さんと裏ごしお手伝い下さいました。ありがとうございました。 
黄金の輝きがこのきんとんの色から演出される料理です。きんとんは「金団」と書いて、金がつくため富を呼ぶとされます。栗を加えるのは、出陣や勝利の祝いにつかわれたカチ(勝)栗から縁起物とみなされているためです。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました