家庭を学びの場へ


おはようございます。
昨日は漢字検定の模擬試験を実施しました。冬休みにしっかり勉強した生徒は合格点に達していますが 怠けていた生徒はそれなりの点数しかとれません。当たり前のことですが 数字として提示されると厳しいものがあります。そして30日の試験でははっきり不合格と合格に分かれます。漢字検定でこれがすぐ日々の生活にどう影響するかというと ほぼゼロに等しいのですが これが高校入試 大学入試 就職試験となると そうはいきません。不合格だとその高校へ通うことが出来ません。門前払いということです。過去の例では1点に泣いた生徒もいます。この現実をなめているとしか思えない生徒もいます。心を鬼にして そう言う生徒には厳しく指導します。保護者も含めて 泣いてもらいます。泣いて本気になってもらえば 私は嫌われても・・・です。
でも 何回も話をしていると 少しずつですが 本気になってくださる家庭があります。家庭が学びの雰囲気を醸し出し始めると 子どもたちは激変します。中学生であると 一気に点数に現れますから びっくりぽんです。この冬 一気に70点もアップした例など あれあれ・・と思うくらいです。
今日も素敵な出会いと感動を。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました