【お節料理】 【錦卵】 【参の重】


錦玉子という名前の由来は、その名のとおり卵の黄身と白身を「二色=錦」という語呂合わせから名付けられています。 黄身は錦糸、白身は銀糸にたとえ、錦織りのあでやかさが正月料理として喜ばれるとともに、 財宝に通じる錦にあやかりたい という意味も込められています。
 3年連続[:女性:]さんの担当です。こだわりの一品です。ご賞味あれ。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました